ロゴ
HOME>コラム>歯の健康を考えよう~歯科を積極的に利用する理由~

歯の健康を考えよう~歯科を積極的に利用する理由~

歯型

口内が不健康だともたらす影響

口内の問題は全身に悪影響を与えてしまうもので、特に恐ろしいのが脳梗塞と口内トラブルには関係があるという点です。脳に血管を送る血管が詰まる事で脳梗塞は発生するのですが、歯周病菌が血管内に入り込む事によって、脳に繋がる血管が詰まる事もありえます。歯周病を患っている人は、そうでない人と比べても倍以上も脳梗塞になりやすいために、脳の健康を保つためにも口内のケアは必要です。勝どきの歯科では歯周病を予防するために、定期的な歯茎のクリーニングも受け付けていて、歯だけでなく歯茎の健康も保てます。自力で歯磨きをしているだけでは、歯周病の原因菌の増殖を防ぐのが難しい場合もあるので、プロの知識と技術を頼りながら口内を綺麗にしてください。

歯

歯の役割

歯は食べ物を噛み砕く役割だけでなく、歯を動かす事によってアゴの筋肉を鍛える役割も持っています。食べ物を噛む時に片側の歯しか使わないという人は、片側のアゴの筋肉だけが発達して、顔の左右のバランスが崩れてしまう事も多いです。虫歯が悪化している人も、アゴの筋肉の使い方のバランスが崩れてしまい、顔つきが変化したり、歯並びが乱れたりする事でアゴの神経痛に悩まされる可能性もあります。アゴの筋肉や顔付きのバランスを保つという役割を果たせないほど、歯が弱ってしまっている人は、勝どきの歯科で口内検査を受けてください。歯並びや筋肉の変化が原因による神経痛なども、最新の歯科用の検査機器などを使いながら早期に発見してくれます。